2016年1月13日水曜日

「転び証文」を取り戻す寺社放火―島原の乱を解く⑦

 ゆるしの秘蹟における罪の償いは、一般的にはオラショ(祈り)やゼジュン(断食)、ジシピリイナ(鞭打ち苦業)、奉仕等が課せられる。ところが、日本のキリシタン時代にはこれに加え、「転び」の過程で「転び証文」に署名し、異邦神を祭る寺社を建立し、転びを隠すため寺社に参拝するなど、戒律違反の行為があったため、その精算が求められた。具体的には、転び証文を取り戻し、寺社を処分することなどである。
 天草の転びキリシタンの「寛永10年(1633)6月25日」付け「きりしたんころび申書物之事」(註1)に、次のようにある。

 「私儀数年きりしたんにて御座候へども、先年御改(おんあらため=幕府によるキリシタンの強制改宗)に付、ころび申、一向宗に罷成(まかりなり)、書物に差上申候……内証にてばて連(宣教師)のゆるし御座候共、此書物取戻し不申(もうさず)候ては、きりしたんに立帰り申事、不成(ならぬ)教(おしえ)にて御座候…」

 「書物」とは、「転び証文」のこと。「ばて連(司祭・宣教師)」の「ゆるしの秘蹟」にあずかったとしても、「転び証文」を取り戻さなければ「立上り」ができないことを彼らは承知していたのだ。

 島原の乱事件の一連の行動のなかで、「立上り」、原城に集結するまでの間に神社・仏閣を焼き払い、僧侶・神官・役人らに改宗を迫り、または殺害した行動がある。それらは、あたかも「過酷な年貢徴収に憤った農民が、信仰に結束して蜂起した」かのように見えるため、史家たちはこぞって「農民一揆」と〈誤解〉したわけだが、彼らは「キリシタンに立ち帰れ!」とのみ主張したのであって、「年貢を減免せよ」との一揆的要求など、一切しなかった。一揆ではなかったのだ。―とすれば、その意図するものは何だったのか?
 じつは、これこそがデウスの戒律―とくに第一戒「われ以外神とするなかれ」―を犯した罪、すなわち寺社建立や寺社参拝の罪を精算し、「転び証文」を取り戻す、彼らの「きりしたんの作法」に基づく「立上り」の信仰所作、つまりは償いの一環としての行動なのであった。

 「転び証文」は、村々の旦那寺に所在したであろうし、寺社に放火することは、すなわちそれを取り戻すことでもあった。
 島原城に攻め寄せたことも、同様である。そこにあった主要な仏寺を焼き払い、領主松倉氏に対してキリシタンに立ち帰ったことを表明する、「転び」たちの「言い戻し」(註2)であったと解することができよう。


 ※註1…肥後国天草郡高浜村旧庄屋上田家の記録「高浜村御門徒衆人数付之帳」
 ※註2…ドミニコ会神父ディエゴ・コリャードが1632年、ローマで刊行した『コリャド・懺悔録』に、「表面(うわむき)ばかりでもころぶ者が、いひもどさいでならぬ…」、「その奉行のせられた事共の日記(転び証文)はどこにあるぞ?すなはち、それを以て上(のぼ)られたらば、その奉行へ文(ふみ)なりとも、使を遣(や)つてなりとも、いひもどさいでは。」とある。「言ひ戻す」は、「転びを取り消す」意味である。
ドミニコ修道会のディエゴ・コリャード神父が1632年、ローマで発刊した「懺悔録」。転びキリシタンの告白証言、それに対する司祭の助言が収録されている。

 
 
 
 
 
 

2016年1月3日日曜日

「四郎法度書」に見る「転び」の償い―島原の乱を解く⑥

 原城に集結した島原・天草の「立上り」キリシタン約3万7千人が、幕府軍12万によって責め落とされる寛永15年2月28日(1638年4月12日)までの約3ヶ月間、彼らは如何に過ごしたのだろうか。一般には、戦いに備えたと解されているが、そうではなかったようだ。「朝夕、昼夜2,3度宛て、大将(天草)四郎が…法儀のすすめ(ミサ説教)」を執りおこない(『嶋原記』)、キリシタンたちも種々の信仰所作に勤しんでいた。
 司祭役・天草(益田)四郎が彼らに訓示した「四郎法度書(しろうはっとしょ)」(細川家史料)によると、「おらしよ・ぜじゆん・じしひりいな」(祈り・断食・鞭打ち)等の信仰所作の他に、「城内の普請(ふしん=造営・修理)」、「ゑれじよ(敵)ふせぐ手立、成程(なるほど=できるかぎり)武具の嗜(たしなみ)御念を入れらるべき事」などが記されている。
 城内の普請も、また武具の嗜みも、それは幕府軍と戦うためではなく、「ゑれじよ(幕府軍)」の攻撃によって信仰の諸所作が妨害されるのを「防ぐ手立て」としてであり、それらは、デウスの神の「格別の御慈悲」に対するキリシタンの「御奉公」―この場合、「キリシタン信仰者としての善のおこない」を意味する―であると言っていることに注目したい。
 このうち「おらしよ」については、とくに「前々よりの御後悔」と、「日々の御礼おらしよ」が示されている。「御後悔」とは「御後悔のおらしよ」すなわち転びキリシタンがもっとも重要視して唱えた「コンチリサンのオラショ(痛悔の祈り)」であり、「御礼のおらしよ」とは「さるべれじいな」(註1)であった。

 これらの信仰所作は、同史料にある「今程(いまほど)くわれすまの内」―いまはカレスマ(Quaresma、四旬節)の時である―の言葉から分かるように、転びの罪を償う行為であったと判断される(註2)。
 ―つまりは、「転び」が「立上る」ための「きりしたんの作法」であった。
 ちなみに、「ゆるしの秘蹟」は司祭に罪を告白(Confessio)するだけでは成立しない。痛悔(Contritio)と、償いの行為(Satisfactio)と、最後に司祭のゆるしの宣言(Absoltio)をもって完結する。

 彼らが真冬の原城に籠もり、「寒天の雪霜を凌ぎ」(矢文)ながら過ごした3ヶ月は、キリストの十字架死を記念する四旬節・聖週間にあわせ、転びの償いをするためであったことが理解されよう。同年(1638年)の「悲しみ節の上がり」・復活節(イースター)は4月11日(和暦2月27日)。この日、城門が開かれ、翌4月12日「(和暦2月28日」に落城、全員の「首が切られた」。

 ※1…「さるべれじいな」の祈りに、「御礼をなし奉る」の言葉が2回登場する。よって、キリシタンたちが「日々の御礼のおらしよ」と称した祈りは、「さるべれじいな」を指すものと思われる。
 ※2…Cuaresma(四旬節)は、キリスト教暦で灰の水曜日から復活祭の8日前の土曜日までを言う。この間の日曜日を省いた週日は40日となる。日本のキリシタンはこれを「悲しみ節」と言った。キリストの死去前の苦難を想起して、祈り、断食、苦業によって罪を悔い改め、償いに励みながらキリストの復活祭を待ち望む期間とされている。
「四郎法度書」末尾部分。「益田四郎/ふらんしすこ」とある。